ケノンで埋没毛は治る!?根本的に改善したいなら光脱毛がおすすめの理由5つ

ケノンで埋没毛になる?それとも綺麗に治せる?

自己流のムダ毛処理を続けていると発生してしまう埋没毛。ムダ毛そのものよりも埋没毛が気になるという人もいるくらい、黒いボツボツになって目立ってしまうことがあります。

ケノンと埋没毛の関係について調べてみると、

「ケノンで埋没毛ができる・・・」

「ケノンで埋没毛がなくなった!」

上記のように、真逆の情報があることがわかりました。

すでに埋没毛があって改善できた方と、ケノンを使って逆に埋没毛が悪化してしまった人がいるようなのです。

今回は埋没毛ができるメカニズムから考え、ケノンで効果が期待できるのかどうか、その真相に迫ります!

埋没毛ができるのは誤ったムダ毛処理が原因

そもそも埋没毛ができるのは、誤ったムダ毛処理が原因といわれています。ダメージが蓄積することによって、脇や脚に埋没毛がどんどんできてしまうのです。

見た目も黒くポツポツしているので美しくないため、コンプレックスになっている方も多いようです。まずは埋没毛に関するあれこれを整理していきます。

ムダ毛処理で埋没毛ができる過程

まずは、誤ったムダ毛処理によって埋没毛が発生するまでのプロセスを確認しておきましょう。埋没毛ができるメカニズムを理解できれば、どうすれば改善できるのか道が拓けるはずです!

埋没毛は、次のイラストのような段階を経て発生するといわれています▼


通常は毛穴から毛が生えているのですが、自己処理で肌・毛穴を傷つけることによって、毛穴が正常に出てくることが難しくなってしまいます。

その結果、行き場を失ったムダ毛は皮膚の下に埋没してしまうのです。こうして毛穴が黒っぽくボツボツになってしまったり、皮膚の下に埋もれた毛が見える状態になるのですね。

カミソリ・毛抜きでの処理が圧倒的多数

独自に実施したアンケート調査の結果から、カミソリ・毛抜きでムダ毛を処理している人が多数いることがわかりました。埋没毛のリスクや肌へのダメージのことを考えるとNGな処理方法なのですが、実際には自己流の処理をしている人が多いのです。

サロンやクリニック、家庭用脱毛器などお金がかかる方法を選ぶ人は少なく、多くの人が自己流のムダ毛処理を行っているようです。本格脱毛は随分と普及してきていますが、まだまだカミソリや毛抜きで肌を傷つけてしまっている人は多いようです。

誤ったムダ毛処理によってできた埋没毛を毛抜きで引っ張ると一時的には綺麗になりますが、さらに埋没毛が悪化してしまうという負のスパイラルに陥ります。繰り返すと本当に毛穴が黒くボツボツ目立ってしまうので、早めにきちんとした脱毛に切り替えたいところですね!

[パターン別] ケノンを使ったら埋没毛はどうなるのか

ケノンで脱毛すれば埋没毛まで綺麗にできるという情報もある一方で、逆に埋没毛が悪化するという説も…。

情報が錯綜しているようなので、埋没毛のパターン別にどのようなことが考えられるのか検討してみました。今ある埋没毛をどうにかしたい方も、ケノンによって埋没毛ができるのが心配な方も、目を通しておいてくださいね!

パターン①:すでにある埋没毛を改善できる

埋没毛を自分で処理するとき、毛をほじくり出して抜くなどの方法を思い浮かべるかもしれません。ケノンではフラッシュ脱毛を採用しており、黒いメラニン色素に反応して脱毛を進めていきます。

薄い皮膚の下にある埋没毛であれば、ケノンの光が届くという考え方に基づき、「ケノンで埋没毛が改善される」と判断できるのです。もちろん皮膚の下にある分、普通のムダ毛に比べると効果が出るまでに少し長いスパンで照射していく心構えは必要かもしれません。

ただ、無理にムダ毛を引っ張り出さなくても、ケノンなら自然にムダ毛を撃退していけそうですね。

パターン②:将来的な埋没毛の予防を実現

ケノンで脱毛を続けていくことによって、最終的にカミソリや毛抜きを使ったお手入れはほとんど不要になるはずです。脱毛が完了するまでの間も、ムダ毛が生えてくるスピードが遅くなり、毛の量も減少してくるので、お手入れはとても楽になります。

ガリガリとお肌を削ってしまうような処理をしなくなるので、結果的に埋没毛の予防にもつながっていくでしょう。

パターン③:埋没毛が悪化する可能性は?

ケノンを使って埋没毛ができるという噂もあるようですが、カミソリや毛抜きなどの自己処理と比べてリスクは少ないといえるでしょう。ただ、ケノンを使う前日にはムダ毛を軽く剃る作業が必要になるので、この段階で埋没毛が発生する可能性はゼロではありません。

ケノンの光や仕組みによって埋没毛ができるというよりは、その前処理のやり方に問題があるといえますね。

もし、ケノン自体の要因によって埋没毛が悪化する可能性があるとしたら、お肌の保湿不足が挙げられるでしょうか。ケノンの説明書では、下記のような記載がありました。

使用後の肌ケア
・脱毛した部分を24時間以内に日光にさらさないでください。
・故意に日光浴や日焼けをしないでください
・脱毛後、野外活動の必要がある時は、サンブロッククリームを2週間以上使用してください。(SPF++30以上)
・48時間以内に、塩素処理をしたプールで泳がないでください。
・脱毛直後は刺激のある化粧品類を使用せず、脱毛部位に保湿クリームをつけてください。
・脱水防止のため、水分をたくさん摂取してください。
・冷水でのシャワーで、熱を帯びた脱毛部位を、冷ましてください。24時間以内に温水でのお風呂、サウナなどはひかえてください。
(ケノン取扱説明書より)

ケノンで脱毛した後の肌ケアとして、保湿クリームの使用が推奨されています。ケノンで光を照射したあとは、お肌が少し熱を帯びて、乾燥した状態になるといわれています。自覚できるほどの強い乾燥ではないかもしれませんが、気づかないレベルで乾燥している可能性があるのです。

肌は乾燥すると硬くなってしまうので、お肌を柔らかくキープできるように保湿はしておきたいですね。そうすることで埋没毛ができるリスクも軽減できるでしょう。

埋没毛に光脱毛がオススメの理由まとめ

ケノンで採用している光脱毛が、なぜ埋没毛で悩んでいる人にオススメできるのか、情報を整理すると次のようにまとめられます。

①:皮膚の下にある埋没毛にも光が届く
②:埋没毛をほじくり出さなくて済む
③:肌を傷つけないから埋没毛の予防も可能
④:保湿すれば埋没毛ができるリスクが下がる
⑤:脱毛と同時に埋没毛対策もできる

上記のように、埋没毛に光脱毛がオススメの理由はたくさんあります。根本的に埋没毛をどうにかしたいなら、ケノンで対策していく価値はありそうですね!

埋没毛にさよなら!
公式サイトを見る≫

ケノンで埋没毛が治るのか口コミから情報収集

ケノンは脱毛効果については定評があり、ユーザー数も爆発的に増えてきています。脱毛自体への効果は心配なさそうですが、埋没毛への効果となると口コミから情報を集めておく方が安心です。本当にケノンで埋没毛が治るのか、信ぴょう性のある口コミだけを集めてみました!

「埋没毛が気になってケノンを購入」

ワックスはある程度長さがないといけないので、処理をするまでの期間がしんどいし、剃刀や毛抜きでは毛嚢炎や埋没毛とトラブルだらけでした。金額も高いし、なかなか手がでなかったのですが口コミを何度も読んで決心しました。結果は買って良かったです。もっと早く買えばよかった。(楽天市場より引用)

カミソリで処理すると毛穴が目立つし抜くのは時間がかかり、毛穴が炎症して埋没毛に、、、夏になるのが毎年凄い嫌でした。
会社の後輩がケノンを購入した話を聞いて私は「高いだけでそんな効果あるわけない」と言い切ったのですが半年ぐらい経った時には後輩の肌はツルツルに、、、「これは凄い」と確信した私も購入に踏み切りました(楽天市場より引用)

こうして口コミを見てみると、「埋没毛」がコンプレックスになっていたことでケノンを購入している人が多いことがわかりました。ムダ毛を脱毛したいという思いがある人も多いのですが、ムダ毛よりもボツボツになった埋没毛が嫌で…という人も多いのですね。

口コミにもあるように、埋没毛になると毛嚢炎という炎症が起きた状態になることもあるので、きちんと対処しておきたいところです。根本的に解決するには脱毛してしまうのが一番ですね。

「ケノンで埋没毛がキレイになった!」

結論から言うと、ケノンは効きますよ。埋没毛とかもきれいになりますし、毛穴が小さく見えます。後、肌がすべすべです!(楽天市場より引用)

腕は1度の照射で埋没毛がなくなりました。2度目の照射で生えてくる毛の量と濃さも変わりました。正直びっくりです。
足はまだ効果は出てませんが、剛毛なので仕方ないと思って地道に頑張ろうと思います。(楽天市場より引用)

埋没毛をピンセットでつっついて傷ついていたところは治り、毛も生えなくなってきて本当に、手で触って「つるつるってこれかー!」って嬉しくなるほどです。お風呂からあがるときの水の弾きも全然違いますよ!腕も脇も綺麗になりました。悩むよりも買って試してみることをおすすめします。お値段だけの価値はあります。(楽天市場より引用)

私の二の腕は剃って処理してたせいで、埋没毛があってブツブツしていたのですが(-_-;)ケノンを使いだしてからはブツブツもだいぶ減り綺麗になってきました!(楽天市場より引用)

ほとんどの方が埋没毛の改善を実感できているようです!!

埋没毛がなくなるまでの照射回数・期間などは個人差があり、1回で変化を感じる人もいれば、数回使って徐々に…という人もいるようです。

ただ、実際の購入者のレビューから調べてみると、ほとんどがポジティブな内容だったので驚きました!!

「逆に埋没毛になってしまった」

アンダーヘアーはしぶとく、抜ける毛と抜けない毛がありまばらな状態になっています。しばらく続けるとなくなりそうです。足はケノンの前に剃刀で剃るので埋没毛になってしまいました。その状態で毛が死んでいるので困っています。ピンセットでほじくるか、スクラブでマッサージするか…。(楽天市場より引用)

ケノンで「埋没毛になった」という報告はほとんど見当たりませんが、楽天内の口コミで上記のような投稿を発見しました。

こちらの方はもともとどのようにムダ毛を処理していたのかはわからないのですが、ケノンを使う前にカミソリで剃ることによって埋没毛になってしまったそうです。

もともとお肌が硬めだったのか、カミソリを使って処理する習慣がなかったのか詳細は不明ですが、稀に埋没毛になる方がいるのは事実のようですね。

対策としては、ケノンの使い方の基本としてムダ毛を深剃りしないこと、照射後に保湿を徹底することが挙げられるでしょう。そうすることでケノンによる埋没毛のリスクは軽減するはずです!

MEMO
・ほとんどの方は埋没毛がきれいになる
・ムダ毛は深剃りしないこと
・照射後には保湿を徹底する

ケノンでもうトラブル知らず!理想のお肌を実現♪

カミソリや毛抜きでムダ毛処理を続けていくと、どんどんお肌にダメージが蓄積していってしまいます。早くに脱毛を完了させた人は人に見られても恥ずかしくないツルツルボディを実現できています。しかし、カミソリなどでジョリジョリと肌を削っていた期間が長くなるほど埋没毛のリスクも大きくなるでしょう。

脱毛はなるべく早く開始するのが得策といえるので、家庭用脱毛器として人気No.1のケノンでボディケアを始めてみてはいかがでしょうか?

脇・膝下・二の腕など…気になるところはどんどん脱毛して、ケノンでキレイになっちゃいましょう♪

黒いボツボツを撃退!
ケノンで脱毛する≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください