ケノンをほくろに照射して大丈夫?痛いと感じないための正しい使い方を伝授

ほくろがあるところにケノンを使うのはちょっと心配…

脱毛したい部位にほくろがあったら、そのまま照射して良いものか迷ってしまいますよね。実際、取り扱い説明書などにはほくろへの照射はNGと書かれているのですが、口コミなどでは「ほくろに照射しても大丈夫」という情報も見かけます。

中には、ケノンを使ってほくろが「消えた」とか「増えた」という内容の口コミまであるので、ユーザーの方が混乱してしまいがちなようです。

今回は、ケノンをほくろに照射して大丈夫なのか、ほくろの隠し方にはどんなパターンがあるのかなど、安全に使うために知っておきたいポイントを解説します。ほくろがあっても正しい方法でケノンを使って、トラブルなく脱毛を進めていきましょう!

そもそもほくろにケノンを照射して大丈夫なの?

結論からいうと、ほくろにケノンを照射するのは危険です。「ちょっとくらいなら大丈夫だろう」と過信するのは危ないので、しっかりとリスクを認識しておくことをおすすめします。

あとから肌トラブルが生じることを防ぐために、なぜケノンをほくろに使うのがNGなのか、あらかじめきちんと学んでおきましょう。次に、ケノンをほくろに使うことでどんなトラブルが生じるリスクがあるのか解説していきます。

ほくろに照射すると火傷のリスクがある

ほくろのある部位に何も対策せずにケノンを使ってしまうと、火傷のリスクがあるといわれています。黒い部分に反応する性質の光を使っているので、黒や茶色など色が濃いほくろに反応し、火傷してしまう可能性があるのです。

火傷すると肌が赤く腫れたり、水疱ができたりなど、肌トラブルを引き起こすことがあります。もちろんほくろの濃さ・冷やし方・照射レベルの程度にもよりますが、基本的にほくろへの照射は危険なのでやめましょう。

ほくろにケノンを使うと痛いと感じる場合も

ケノンをほくろに照射すると痛いと感じる方も少なくありません。フラッシュ脱毛は、医療脱毛で使われるレーザー脱毛とは異なり、痛みがほとんどないといわれている脱毛方式です。したがって、痛みが出る時点で原因について考える必要があるのです。

ほくろを始めとして、傷・あざ・シミ・色素沈着があれば痛いと感じることがあります。ケノンではこうした部位には照射NGとなっているので、しっかり使い方を守りましょう!

ほくろなどがないのに痛いときは、照射前後の冷やし方が足りない・照射レベルが強すぎるといった原因が想定されます。痛い思いをせずに済むのがフラッシュ脱毛の特徴・メリットなので、痛みがない範囲で使用していきましょう。

ケノンを使う際のほくろの隠し方4つ

ケノンを使うときは、照射部位にあるほくろを隠すことで保護する必要があります。そうすることで火傷のリスクから守ることができるのです!

ケノンをほくろに使うと火傷するリスクがあると知って不安になる方もいるかもしれませんが、きちんと説明書などに記載されている方法で対策すれば何も恐れることはありません♪

ほくろへの照射を軽視すると火傷につながる恐れがあるので、しっかりと使い方は守りたいところです。ほくろの隠し方について、オススメの方法をまとめていきます!

①:ほくろにファンデーションを塗る

ケノン照射前にほくろを隠す方法として代表的なのは、ファンデーションを使うこと。ケノンに関する書籍である「ケノンPERFECT BOOK(幻冬舎)」にも、ほくろをファンデーションで隠すという方法について書かれています。

パフや指につけて塗るのもいいですが、小さな範囲なら綿棒などを活用するのもいいかもしれませんね!照射前に気になるほくろに塗って、肌の色に近づけた上でケノンを使っていきましょう。

②:ほくろをコンシーラーで隠す

先にご紹介したファンデーションで隠す方法と似ていますが、コンシーラーで隠すのもアリです。ファンデーションと同じ原理でほくろを保護することができるためです。

さらに、ファンデーションよりもコンシーラーの方がピンポイントでほくろに塗ることができるので、扱いやすいという利点があります!

小さなほくろでも、ほくろが複数がある場合でも、コンシーラーならカバーしやすいのでおすすめしたい隠し方です♪

③:ほくろに絆創膏を貼る

ケノン使用時にほくろを隠すときは、絆創膏を使うという方法もOKです。ファンデーションやコンシーラーと比べると、ピンポイントではほくろを隠しにくいです。ただ、クレンジングで落とす必要もなく、終わったら剥がして捨てるだけなので手間は軽減されるでしょう。

なお、絆創膏をカットするのもいいですが、注射後などに貼るタイプの小さな絆創膏を使うとそのまま使えて便利ですよ!

また、絆創膏を貼ってほくろを隠すと、照射時にサングラスをかけていても目で位置を確認しやすくなります。ほくろ以外にも、傷があるなどして絶対に照射したくない部位があるとき、絆創膏で覆っておくとうっかり照射してしまうという事態にもならないので安心感があるでしょう。

④:ほくろに白いシールを貼る

これはケノンの取扱説明書や書籍には書かれていない方法ですが、ほくろに白いシールを貼って保護する方法もあります。脱毛サロンなどでは、ほくろに照射しないためにシールを貼ってくれることが多いのです。

黒い色に反応しないよう、白色のシールを貼ってみるのも手軽でいいかもしれませんね。文房具屋さんや100円ショップなどで手に入れるといいでしょう♪

[注意!]ほくろに修正液を塗ってケノン照射はオススメできない

ほくろがあるところにケノンを使う際、「修正液で隠す」という対処をする方がいるようです。実際、インターネット上にはそのような情報が出回っています。

これは、黒いものだとケノンの光を吸収してしまうので、白い修正液でほくろを隠すという発想ですね。安全のために黒い部分を保護するという心構えは良いのですが、正直修正液はオススメできません…。なぜなら、修正液はそもそもお肌に塗る用途で作られていないものだからです。

自己流の隠し方で修正液を使うくらいなら、説明書にもあるようにファンデーションや絆創膏を使う方が安心ですね。面倒な方は白いシールが手軽でおすすめですよ!

ケノンでほくろが増えるvs消える…?口コミの真相とは

ケノンを使うと、ほくろが増えるという噂があるようです。逆にほくろが消えるので、ほくろ除去の効果があるという情報もあり、「ケノンってほくろに使っていいの?」と混乱を招いてしまいがちです。

ほくろが増える・消えるという真逆のウワサがあるわけですが、いったいその真相は何なのか迫ります。

ウワサ①:ケノンでほくろが増える

脱毛することでほくろが増えるというウワサがあるようです。ケノンを使ってほくろが増えることを心配する人もいますが、脱毛してほくろができるという情報の根拠は見当たりません

ほくろが増えたと感じる方は、しっかり肌を冷やしていなくて火傷した部位がほくろに見えたり、ムダ毛がなくなることで隠れていたほくろが目立つようになったことが推察されます。脱毛してほくろが増えるという科学的なメカニズムはないようなので、安心して使用できるでしょう。

ウワサ②:ケノンでほくろ除去できる

ケノンをほくろに照射するのは基本的にNGなのですが、中にはほくろに照射することで「ほくろが消えた」という方がいるようなのです…!これが本当だとしたらうれしいという方もいるかもしれませんが、まずは口コミをチェックしてみましょう。

真っ黒だったホクロが薄茶色になりました。シミも消えるか試したいです。(@cosmeより引用)

こちらの口コミによると、ほくろ除去とまではいかないものの、ほくろの色が薄くなったようですね。脱毛でほくろが消えるという情報について調べてみると、「レーザー脱毛ならほくろが消えることがある」という見解が多かったです。

脱毛で用いられる「アレキサンドライトレーザー」はもともとシミ治療のために開発されているので、照射するとほくろが薄くなっていくことがあるようです。

ただ、ケノンの場合はフラッシュ脱毛なのでほくろは保護すべきであり、ほくろ除去の効果は期待できない可能性が高いでしょう。そもそも火傷のリスクがあるので、真似しないようにしてくださいね!

ケノンはあくまでも脱毛目的で使用しよう

自宅で簡単にツルツルのお肌を手に入れることができる便利な脱毛器「ケノン」。ほくろが消える・取れるといったウワサもあるようですが、基本的にほくろにケノンの光を当てるのは危険です。火傷・水ぶくれなどが生じるリスクがあるからです。

ケノンを使うときにはしっかりほくろをカバーして、安全に使うことをおすすめします。ムダ毛を綺麗にして、ツルツルのお肌を手に入れることを目標に使用を続けていきましょう♪

ほくろがあっても大丈夫♪
ケノンでムダ毛脱毛≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください