ケノンでシミが消えた!?脱毛しながらフォトフェイシャルできる理由を解説

ケノンは美顔器としても優秀!?シミが消えたって本当?

 

ケノンといえば家庭用脱毛器として人気のアイテムですが、実は美顔器がわりに使う人もいるようです。脱毛しながら美顔効果も得られるのであれば、それほどいいことはないですよね!

ケノンを使うとシミが消えた・薄くなったという口コミがある一方で、「シミが濃くなった」という真逆の結果になった人も…。ケノンのシミ取り効果の実態を調査し、どんなメカニズムでシミの状態が変わるのか解説していきます!

ケノンのシミ取り効果を口コミから探る

口コミサイトの「アットコスメ」でケノンのシミについて言及した情報を集めてみました。2018年8月時点で、シミに関して触れていた口コミは8件。そのうち、シミが薄くなった・変わらない・濃くなったという情報をまとめてみると、次のような内訳になりました。

ケノンを使ってシミが薄くなった・消えたという口コミが最も多く、変わらないという口コミが2件、濃くなったという口コミが1件ありました。

ケノンは脱毛が目的で購入される方が多いので、シミに関する口コミは全体数が少ないですが、こうした情報があるのは興味深いです。なぜシミが濃くなったり、薄くなったりするのか気になりますよね。

[口コミ①] ケノンでシミが消えた・薄くなった

ケノンでシミが消えた・薄くなったという方の口コミをいくつか見ていきましょう。本当にシミが消えるのか半信半疑の方も、こうしたリアルな声を目にすると「本当にシミが消えたんだ…」と感じるはずです。

購入して二週間がたちます。脱毛の効果はすこーし感じますが美顔器が凄いです。シミがかなり薄くなりました。使い続けます。(@cosmeより引用)

ケノンは脱毛機能のほかに美顔機能も持っているというので私の指毛の悩みに丁度良い!と思いました。光脱毛での指毛の処理は痛いと聞いていたのですが、ケノンは痛みが全くなかったです。おかげで指のシミも少し薄くなったような気がしています。(@cosmeより引用)

あと完全自己責任の話ですが、ケノンでシミが薄くなりました。(@cosmeより引用)

使用している方はご存知かもしれませんが、シミ等にも効果があるので、回数を重ねるうちに自然にキレイになっていきます。(@cosmeより引用)

エステだと2カ月に一度のある予約だし、中途半端に残った状態で契約終了してます延長する事になるし…時間とかお金のある問題もあるだけに、本当ケノンオススメですよ。美顔器コースも週一で使用してますが、シミが薄くなりました(@cosmeより引用)

シミが薄くなった・消えたという口コミ情報がたくさんありますよね!?

ケノンといえば脱毛と認識していた方にとって、この事実は驚きだったのではないでしょうか?なぜ脱毛器であるケノンでシミが薄くなるのかについては後ほど解説しますが、少なくともシミが消えるという情報が本当ならうれしいですよね!

[口コミ②] ケノンでシミができたor変わらない

今回のアットコスメの口コミを用いた調査では、シミが薄くなったという意見が大多数でしたが、シミの状態が変わらない・逆にシミが増えたという情報もありました。真逆の内容の口コミが存在するわけですが、実際の体験談を見ていきましょう。

シミが変わらない

シミが浮き出てかさぶたになる事なんてありませんでした。シミは変わらず。たるみは照射後~翌日まで若干リフトアップされるような気がします。化粧のりも良いと思います。(@cosmeより引用)

それにしてもカートリッジ、一生分くらいありそうで、長く付き合いたいです。なおシミは消えませんでした。(@cosmeより引用)

シミが濃くなった

シミが濃くなったのが気になりますがその他は概ねいい感じです。シミはターンオーバーを促して様子を見ます。(@cosmeより引用)

上記の口コミでは、シミが変わらなかったというのは起こり得ることとして納得できる感じがしますよね。やはりどんな製品でも効果を実感できない人というのは存在するからです。

ただ、気になるのは「シミが濃くなった」という情報…。今回の調査ではこちらの1件のみでしたが、どうしてシミが濃くなってしまうのか気になります。綺麗になりたくてケノンを使っているのに、逆にトラブルが生じたら嫌ですよね…。

脱毛器のケノンでシミが薄くなる・濃くなるメカニズム

そもそもなぜ脱毛器のケノンでシミが薄くなるという人が多く存在するのでしょうか?答えは脱毛器の性質に隠されています。使い方によっては、美顔器としても効果が期待できるでしょう。

光脱毛とフォトフェイシャルは同じ仕組み

ケノンで採用している光脱毛(フラッシュ脱毛)では、黒いメラニン色素に反応することでムダ毛に働きかけてくれると考えられています。美容皮膚科などで「フォトフェイシャル」という施術を行っていますが、これはシミやニキビ跡に効果があるとされています。

いずれも共通した性質があるのですが、もちろんフォトフェイシャルと光脱毛との違いはあります。簡単に表すと、出力や波長が異なっているといわれています。フォトフェイシャルでは出力が高く、家庭用脱毛器であるケノンの場合は出力が下げられているそうです。

ケノンでシミが薄くなる理由

ケノンで用いている光脱毛の方式は、フォトフェイシャルの仕組みと根本的には同じといわれています。そのため、シミの程度によってはケノンを使うことによって変化が生じる可能性もあるというわけです。脱毛しながらお肌が綺麗になるといわれているのは、こうした効果によるものといえるでしょう。

ケノンでシミが濃くなる理由

ケノンでシミが薄くなるという声が多いものの、中には真逆の口コミとして「シミが濃くなる」という情報があります。シミが濃くなることは、美容皮膚科で行うフォトフェイシャルでも起こり得ることのようです。

シミに強い光を当てることによって、シミが一時的に濃くなることはあるようです。メラニン色素が肌の表面に出てくるために、シミができたように見えるのだとか。これを好転反応とみなす方も多いようです。

一時的な変化であれば起こりうることですが、明らかに悪化しているようであればシミがある部位には使わないことを徹底した方が安心ですね。

脱毛+シミケアに!
ケノンを詳しく≫

結局、ケノンをシミに使ってもいいの?ダメなの?

ケノンを使うとシミが薄くなるという情報があるので、活用したいと考える人が多いですよね。ただ、やけどの跡などが残ってしまっては本末転倒なので、本当にシミに照射して良いのか確認しておきたいですよね。

ただ、「薄いシミ」や「濃いシミ」という定義は人によって認識が異なりますし、また同じシミでも肌質によってやけどのリスクは変わってきます。

そこで、どのような観点でケノンの使用可否を判断すれば良いのか、知っておきたい使い方はあるのか、参考になりそうな情報をご紹介します!

基本的に「シミには使えない」

理論的にはフォトフェイシャルと同じ原理でシミが薄くなる可能性はありますし、実際に口コミでもシミへの効果を実感できた人は複数います。

ただ、ケノンの取扱説明書には次のような記載がありました。

●肌の確認
本製品をご使用の前に、照射する部位の肌に異常がないことをご確認ください。
傷口、しっしん、ほくろ、刺青、しみ等のある部位には使用しないでください。)
(ケノン取扱説明書より)

ケノンを使う前には肌の状態を確認しますが、使用NGと判断される条件に「しみ」が含まれていました。

いくらフォトフェイシャルと同じとはいっても、やはり美容皮膚科などで用いるものと全く同じではありませんし、施術の技術も変わってくるはずです。

したがって、基本的にはケノンをシミに照射することはできないというのが正解です。シミに照射している人は自己責任のもとで使っているというわけですね。ここは前提として知っておきましょう。

シミに使うなら参考にしたい『カラースケール』

ケノンでシミが薄くなったという口コミもあるので、どうしてもシミ取り目的も使いたいという方もいることでしょう。その場合はシミの程度に注意する必要があります。

シミと一言でいっても、濃いシミ・薄いシミなど程度は様々です。そして、濃い・薄いという感じ方は人によって異なるので、「薄いシミならOK」とも断言できないのが実情です。

そこで、目安となるのは次のカラースケール▼

2018年8月時点の最新バージョンである「7.1」では白黒で表示されているのですが、過去のバージョンのケノンではこのようにカラーで肌色のスケールが載っていました。

肌の色によって照射レベルを調整する必要がありますが、左側にあるような濃い色の場合は使用禁止となっています。ここまでくるとかなり濃い感じがしますよね。

基本的にシミに使うことはNG事項となっていますが、どうしてもシミに使いたいという場合は上記のカラースケールを参考にしてみましょう。どのくらいのレベルのシミだとケノンを使えそうなのか考える手がかりになるかもしれませんね。

美顔機能のある『スキンケアカートリッジ』を使用

シミに使うなら、ケノンの『スキンケアカートリッジ』で照射することをおすすめします。カートリッジの出力レベルについては説明書などにも表記されていないのですが、脱毛用のカートリッジと比べると出力が抑えられているといわれています。

脱毛カートリッジではやけどしたけど、スキンケアカートリッジを使った美顔機能であれば高いレベルでも大丈夫だったという情報が散見されます。

もちろんシミが濃ければ危険なのでやめた方がいいですし、薄いシミであっても照射前後に肌をよく冷やすこと、低いレベルから試してみることを徹底してください!なお、脱毛カートリッジの使用頻度は2週に1回、スキンケアカートリッジの使用頻度は週1回が目安とされています。

なお、繰り返しになりますが基本的にシミには使えないと明記されているので、あくまでも自己判断・自己責任のもとで考えてみましょう。

ケノンは脱毛だけじゃない!美顔機能も活用してみよう♪

ケノンといえば家庭用脱毛器としてよく知られていますが、実は美顔機能についても定評があります。毛穴が目立たなくなったり、メイクのりがよくなったり、様々な効果が実感されているようです。

基本的にシミには使用できないことになっていますが、口コミの中には「シミが消えた」という声もちらほらと存在します。

シミに使用するとしたら自己責任の範囲にはなってきますが、今回ご紹介したカラースケールを参考にすること、スキンケアカートリッジを使うこと、照射前後にはしっかり冷やすことを徹底してみてくださいね!上手にケノンの美顔機能を活用していきましょう♪

脱毛+美顔効果も!
ケノンを試す≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください