家庭用脱毛器のおすすめ人気ランキングTOP10|口コミ・価格・性能徹底比較![最新版]

おすすめの家庭用脱毛器をリサーチしてみよう!

ムダ毛処理の方法といえば、カミソリや毛抜きを使った処理がメジャーですが、根本的な脱毛にはならないですよね。かといってサロン・クリニックでの高額な脱毛はちょっと敷居が高いものです…。

そこでオススメしたいのが『家庭用脱毛器』。種類も増えてきて、より身近な存在となってきています。家庭用脱毛器を使えば、自宅にいながらにしてセルフ脱毛ができるので、わざわざサロンやクリニックに足を運ぶ必要はナシ

今回は、家庭用脱毛器のオススメ製品をランキング形式で総まとめ。それぞれメリット・デメリットがありますが、口コミ・価格・性能から製品を評価していきたいと思います!

家庭用脱毛器の気になるあれこれを調査!

まずは、家庭用脱毛器を購入する前に多くの人が抱く疑問を解決していきましょう。家庭用脱毛器と脱毛サロンでは何が違うのか整理していきます。

家庭用脱毛器と脱毛サロンとの違いは?

家庭用脱毛器と脱毛サロンでは、一体何が違うのでしょうか?一般的なイメージとしては脱毛サロンの方が効果がありそうな感じがしますが、実際のところはどうなのでしょうか。それぞれの特徴をまとめていきますね。

自分では手の届かない部分の脱毛処理には「脱毛サロン」

脱毛サロンをおすすめしたいのは、VIOなど自分の手が届かない部位の脱毛をしたい場合。特にIラインやOラインは自分で脱毛するのは難易度が高めです。

背中なども大雑把にはできるかもしれませんが、家族に手伝ってもらうなどの必要性が生じる可能性がありますよね。スタッフにお任せしてやってもらいたい方はサロンが合っているかもしれません。

自分のペースで手軽に脱毛をしたい方には「家庭用脱毛器」

脇や腕、膝下など毛が気になるところを自分のペースで手軽に脱毛していきたい方は、家庭用脱毛器がオススメです。

サロンだと3ヶ月ごとの脱毛といわれることも多く、さらに予約が取りにくいこともしばしばで、数年かけて脱毛を完了させる方も。家庭用脱毛器なら2週間程度あければ自分のペースで使っていけるので続けやすいんです♪

「フラッシュ方式」と「レーザー方式」ってなんだろう?

脱毛について調べていると、「フラッシュ方式」や「レーザー方式」といった言葉を目にすることがあるでしょう。それぞれ違った特徴・メリットがあるのでこの機会に知っておいてくださいね。

比較的痛みが少なく脱毛できるが時間がかかる「フラッシュ方式」

フラッシュ方式を用いた脱毛は「光脱毛」とも呼ばれており、その最大のメリットは痛みが少ないことといわれています。脱毛は痛いことがストレスとなって、続けるのが億劫になる方もいるよう。

フラッシュ脱毛では、痛くないのに使うたびに毛が薄くなっていくのがうれしいですよね。ただ、個人差はありますが脱毛に満足できるまでには少々時間を要することも特徴です。

少し痛みを伴うが効果は高く比較的早く脱毛ができる「レーザー方式」

レーザー方式は、クリニックでの医療脱毛でも採用されている方法。医療脱毛なら、5〜6回である程度の効果を実感できる方が多く、比較的短い期間で脱毛できることが魅力です。

ただ、痛みが伴う・色黒の場合は火傷のリスクがあるなどのデメリットもあり、一長一短というところですね。

家庭用脱毛器を選ぶ時の4つのポイント♪

家庭用脱毛器を選ぶ際には、次の4つのポイントをおさえておけばOK!デザインや知名度だけで決めるのではなく、肝心となる性能についても目を向けるようにしましょう。

脱毛効果の高さ(照射面積についても)

最も重視すべきといえるのが、脱毛効果の高さでしょう。照射レベルについては公開されていないこともあるようですが、何段階で出力を調整できるのか、業界の中で出力レベルは高い方なのか確認しておきましょう。照射面積についても広い方がスピーディに脱毛のケアが終わるのでオススメですね。

1照射あたりの「価格」でコスパの良さをチェック

製品によって、1照射あたりどれくらいのコストがかかるのかは異なります。脱毛したい部位にもよりますが、全身に脱毛したい部位があると照射コストが安い方がありがたいですよね。本体価格に惑わされず、コスパについても要チェックです。

使いやすさが肝心!負担にならないような「重さ」

家庭用脱毛器を挫折せずに続けていくためには、負担にならない重さを考慮することも大切。マッサージ器なんかもそうですが、あまり大きいと負担になってしまうんですよね。脱毛器の重さも調べておきましょう。

肌への「痛み」も重要なポイント

セルフで脱毛するとなると、痛みが生じる製品はなんだか不安になってしまいますよね。また、痛いことがストレスになって脱毛が続けられないなどの事態を避けるためにも、どれくらい肌に痛み・ダメージがあるのかについても知っておきましょう。

おすすめの家庭用脱毛器ランキングベスト10を発表♪

家庭用脱毛器といっても種類が多くてどれを選べば良いか判断に迷うことがありますよね。次に、オススメの家庭用脱毛器をランキング形式でTOP10をまとめていきます!

【10位】ソイエ

パナソニックの家庭用脱毛器で、泡脱毛という方式を採用。これはお風呂で使うタイプで、泡の力を使いながら、ヘッド部分が密着・回転して毛を絡め取って抜くことができます。フラッシュ脱毛・レーザー脱毛など本格的な機能はありませんが安価なので買いやすいですね。

【9位】ノーノーヘア

ノーノーヘアは、サーミコン方式(熱線式)と呼ばれる方法を用いており、熱エネルギーを発生させることによってムダ毛をカットする仕組みになっています。

接触した部分のムダ毛をカットしてくれるもので、毛抜きやカミソリと比べると肌へのダメージが小さくなるでしょう。重さは100gで軽いですが、若干の痛みがあるようです。

【8位】スムーズスキン

フラッシュ脱毛器で、肌色を計測するセンサーがついており、最適な強さになるように出力を調整してくれることが特徴。重さは約370gとコンパクトなので使いやすいです。照射回数は機種によって20〜30万回で、照射面積は3㎠。初めてでも安心なジェントルモードがあるのでトライしやすいです。

【7位】コスビューティ

30万発使えるフラッシュ脱毛器。ランプは内蔵型なので交換は不要です。全身脱毛を十分にカバーできる照射数ではありますが、家族で使用するなどして照射数がなくなれば本体ごと購入する必要になります。

ボディ用は4.2㎠、フェイス・ビキニラインは2.0㎠の照射面積で、特別大きな面積というわけではなく、出力もそれほど強くないという口コミがありますが、その分安価な設定にはなっていますね。

【6位】イーモリジュ

10段階の出力調整が可能なフラッシュ脱毛器で、カートリッジを交換すると美顔機能もあり。1発あたり0.46円で、ハンドピースは約120gと軽量です。ただ、同じ会社で新しい脱毛器を出しているので、今から買うのではあればそちらが良いかもしれません。

【5位】トリア

レーザー方式の家庭用脱毛器。医療脱毛と同じ方式で、出力を下げているよう。1照射あたりのコストは0.137円。レーザー脱毛は照射面積が狭いことが特徴ですが、トリアに関しても1.0㎠しかないので全身に使うとなると処理に時間がかかります。また、レーザーなので痛みがあること・美顔器機能がないことも知っておきましょう。

【4位】エピレタ

エピレタは、アイリスオーヤマから販売されている家庭用脱毛器。Amazonではお値段が18,400円で、フラッシュ脱毛器の中ではお安めの価格。照射回数は15万回で、出力段階は5段階。重量220gとコンパクトなデザインです。肌色センサーがついていて、照射に適さない肌色の場合は照射しないという安心の機能があることも特徴ですね。

【3位】光エステ

パナソニックから販売されているフラッシュ脱毛器で、皮膚科専門医監修というところも安心な点。照射面積は5.4㎠とまずまずの大きさで、出力レベルは5段階。15万発照射できるのでカートリッジ交換はなしとのことですが、たくさん使って照射数がなくなれば本体ごと買い替えになりますね。男性のヒゲには使用できないそうです。

【2位】2PS

フラッシュ脱毛器で、光美顔機能あり。カートリッジ交換可能で、VIOも対応しているので使い勝手が良いです。手で持つ部分の重さは105gと超軽量。1ショットあたり約0.05円とお安めで、照射範囲は6.51㎠と広いのでスピーディに処理できます♪

【1位】ケノン

家庭用脱毛器ランキングの第1位は、フラッシュ方式を採用している「ケノン」!

新登場のプレミアムカートリッジは100万発も打てるので他製品とは桁違い。照射面積は7.0㎠で、カートリッジによっては最大9.25㎠なのでサクサク脱毛できます。1発あたり0.0185円とコスパも良好。光フェイシャルの機能でスキンケアも可能です!

ケノンには、家庭用脱毛器としてはナンバーワンといえるだけの機能が備わっています。何よりユーザー数の多さが製品の魅力を物語っています。脇・顔・Vライン・腕や足など全身49ヶ所に使えることもメリットですね!!

頑固なムダ毛を撃退!
ケノン公式を見る≫

手軽な脱毛には家庭用脱毛器がおすすめ♪

脱毛サロンやクリニックに通うと面倒な上に高額な費用がかかってしまう…。そんなデメリットがない脱毛方法は、家庭用脱毛器でセルフ脱毛をすること!手軽だから挫折せずに続けやすいんです♪

今回ご紹介した商品の中には脱毛効果が高いもの・低いものが混在していますが、安さで選んでも効果が実感できずに買い換えると、結果的に高上がりになってしまうことも…。性能もしっかり見てから選んでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください